インターリンク ⇒ Sonet ⇒ 楽天モバイル(テザリング) ⇒ そして縛りなしWiFiへ

私が今の家に住み始めてから現在まで利用した
インターネットサービスについてお伝えします。

その時に何故そのサービスを選んで満足度がどうだったかも説明します。

過去10年程で利用したものが下記になります。

【インターネット回線遍歴】

—————————–
・インターリンク(InterLink)
・Sonet光
・楽天モバイル
・縛りなしWiFi

—————————–

割と漠然とインターネットプロバイダーを選んでいる人は多いと思いますが、
私の場合はその時その時で理由があって選んでいました。

インターリンク時代

インターリンクを使っていた理由はひとつです。

固定IPが必要だったからです。

ドメインを取得して自分の家でメールサーバとDNSサーバを運用していました。

特別トラブルが多かったという印象や、スピードの不満も特に感じませんでした。

自宅でサーバ運用をするならインターリンクは基本でした。

Sonet光時代

インターリンクに特別な不満はありませんでしたが、
パソコンを24時間起動させておくのにも疲れてきたので、
自宅サーバの運用は終了させました。

丁度トータルの値段が今までよりも安くなるということで、
Sonet光を使うことにしました。

トータル的にどれも及第点な印象でした。

スピードも料金も。

強いて言うと最初のVDSL形式のときは回線不安定になる日がありました。

途中から無料でファイバーが自室まで届くようになり、
特にPingロスも発生せずスピードも上昇しました。

ラストワンマイルの入り口の所にPingを打ったらたまに欠けることが発生していましたが、
工事後はそれが無くなりました。

【So-net光のお申込み専用サイト】

楽天モバイル時代

楽天モバイルを選んだ理由は超節約です。

・携帯電話の通信キャリアとして楽天モバイルを選択
・テザリングを利用して楽天モバイルをインターネットプロバイダとして選択

電話代 + インターネット代で2000円台を実現しました。

多くの格安Simは高速モードの制限があるとともに、
低速モードにも制限があります。

その前に使っていたIIJの場合は低速モードで366MB/3日使うと、
通信速度に制限が入ります。

制限が入るとメールの受信すらタイムアウトしてしまうので、
使い物にならなくなりました。

楽天モバイルには3日で366MBという制限はありません。

スーパーホーダイというプランを選べば低速モードでも最大1Mbpsの速度が出ます。

テザリングでインターネットをまかなうというのは下記の人にとってはベストだと思います。
・インターネットを使うのは自分一人。※普段スマホ(つまりルータ)を持ち歩くので。
・必要なときにインターネットを使えれば良い程度
・節約したい人

その時についてはこちらの記事を参考にしてください。

縛りなしWiFi

さすがに動画などを観たり高速回線が欲しくなりました。

本当はNURO光にするつもりでした。

多少他よりも料金が高くても高速通信が欲しかったからです。

半年以上我慢していたので。。。

でも凄いのを見つけました。

縛りなしWiFiは私にとって今までで最高のコスパを発揮しています。

実際のところスピード面も料金面も両方満足しています。

否定するポイントが見つかりません。

・契約期間の縛りが無い ※縛りなしプランの場合
・初期費用などの余計な事務手数料が無い
・月額3300円なので普通に安い
・もちろん月額の通信量の制限が無い

キャッシュバックで誤魔化しているサービスと違って分かりやすいのがポイントです。

次は?

しばらく変えないと思います。

もし変えるとしたら更なる高速通信が欲しいのでNURO光を選ぶと思います。

もしかしたら5Gの到来まで待つかもしれません。

でも最初は高そうかな。。。

何となくこの先数年間は縛りなしWiFiを使ってそう(笑)

  • 厳選ポケットWiFiの記事まとめ(一覧)
  • ◆超厳選おすすめWiFiトップ4 ※2019年6月9日 内容を更新しました

  • 縛りなしWiFi ・・・ 契約期間の縛りが無く料金が安いプランがおすすめ。 ★私が愛用中です
  • SPACE Wi-Fi ・・・ 契約期間の縛りが無く、クレジット・銀行振り込み両方に対応
  • どんなときもWiFi ・・・どれだけ使っても通信無制限で使い放題が画期的。
  • SAKURAWiFi・・・料金の安さと通信無制限のバランスはNo.1
  • シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする