【格安sim】2018年度で顧客満足度No.1を総ざらいしたmineoのプランを徹底解剖。

今回は格安simの中からmineoにスポットライトを当てて、
実力について徹底解剖していきたいと思います。

mineoは格安simの中で2018年度の上期・下期で顧客総合満足度で第一位に選ばれています。

と言うことは価格・内容ともに期待して良いと思います。


引用:mineo HPより

まずはプランを整理してみようと思います。

mineoのプランは豊富できめ細かなサービスが評判ですが、
色々多すぎて分かりづらい所はあると思います。

プランについては主だった部分のみを特記し、
あまり重要で無い部分はここでの記載は控えることにしました。
※そうしないとメリット・デメリットが分かりづらいため。

ここでは料金については全て税抜きの表記となっています。

mineo料金一覧表

基本データ容量 タイプ Au回線 DoCoMo回線 SoftBank回線
500MB データ通信・音声通話 1310円 1400円 1750円
データ通信のみ 700円 700円 790円
3GB データ通信・音声通話 1510円 1600円 1950円
データ通信のみ 900円 900円 990円
6GB データ通信・音声通話 2190円 2280円 2630円
データ通信のみ 1580円 1580円 1670円
10GB データ通信・音声通話 3130円 3220円 3570円
データ通信のみ 2520円 2520円 2610円
20GB データ通信・音声通話 4590円 4680円 5030円
データ通信のみ 3980円 3980円 4070円
30GB データ通信・音声通話 6510円 6600円 6950円
データ通信のみ 5900円 5900円 5990円

◆SMS

契約タイプ Au回線 DoCoMo回線 SoftBank回線
データ通信・音声通話 無料
データ通信のみ 無料 120円 180円

データ通信のみのドコモ、ソフトバンク回線ではオプションになります。

◆オプション

メニュー・アプリ 金額 効果
mineoでんわ 無料 通常20円/30秒の通話料金が10円/30秒になる
mineoでんわ
10分かけ放題
850円 10分以内の電話が850円でかけ放題になる
通話定額30 850円 30分(1200円分の通話量)の通話が月額850円で可能
通話定額60 1680円 60分(2400円分の通話量)の通話が月額1680円で可能

この様にユーザのニーズに合わせたプランが豊富にあるのがmineoの良い所ですね。

mineoのメリット

◆きっと見つかる自分に合ったプラン
これだけきめ細かなプランがあれば大丈夫ですね。

◆評価が高いので安心

引用:mineo HPより

これらは2018年度に表彰されたものです。
満足度の評価は人それぞれですが、やはり客観的に評判が高いのは安心できますね。

◆全国のmineoユーザーとパケットのシェアができる「フリータンク」が面白い
パケットが余ったらタンクに入れたり、逆にパケットを使わせてもらったりできます。
おすそ分けの気持ちや感謝の気持ちを残すことができるのでほっこりした気持ちになれますね。

◆低速モードの366MB/3日の制限が無い
実はこれがめちゃくちゃ大きいです。
制限があるとデータの節約も厳しいです。

mineoのデメリット

◆通信の使い放題のプランが無い
1ヶ月に10GB以上使うようなユーザにとってはU-mobileの様な、LTE無制限がある所の方が良さそうです。

全体的にはコストパフォーマンス・一般的評価に優れていて、
オプションサービスも充実しているという感じです。

今回は基本的スペックを中心に説明していますが、
その他にも色々と興味を引きそうなオプションサービスも多いので
興味がある方はU-mobileのサイトを確認して頂ければと思います。


★格安SIM関連の記事一覧はこちら

◆私の格安SIMランキング

Rank サービス名 コメント
暫定1位 楽天モバイル 格安料金、低速モードでも割と高速なインターネットが
完全無制限で使えて最強クラスの格安SIM
2位 U-mobile LTE通信無制限は画期的。データ量を気にせずいつでも爆速通信。
3位
4位

※2019年8月18日更新


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク