【格安sim】料金を安く抑えたい人や2台目が欲しい人はnuro mobileがぴったり。

今回は格安simのnuro mobileのプランについて徹底解剖していきたいと思います。

全体的な印象としてはライトユーザから通常のユーザで比較的低予算に抑えたい人向きです。

プランやオプションも基本的にシンプルなので自分に合っていれば即決クラス、
そうでなければ他を検討と分かりやすいサービスだと思います。

nuro mobileのプランとオプションを見やすく一覧に

プラン名 容量 キャリア データ専用 データ + SMS 音声通話付き
お試しプラン 0.2GB ドコモ 300円 450円 1000円
au 500円 650円 1200円
SoftBank 500円 1200円
Sプラン 2GB ドコモ 700円 850円 1400円
au 780円 930円 1480円
SoftBank 980円 1680円
Mプラン 7GB ドコモ 1500円 1650円 2200円
au 2100円 2250円 2800円
SoftBank 2100円 2800円
Lプラン ドコモ 13GB 2700円 2850円 3400円
au 2980円 3130円 3680円
SoftBank 2980円 -円 3680円

プランを変更する場合は手数料3000円がかかります。

◆オプション

メニュー 料金 内容
データ前借り 無料 翌月のプラン容量から前借りすることができます
パケットギフト 無料 同じ回線(ドコモ同士など)で自分のパケットを
プレゼントすることができます
容量チャージ 1G ドコモ:600円 データ通信1G分の追加になります
au:900円 データ通信1G分の追加になります
SoftBank:900円 データ通信1G分の追加になります

お試しプランではパケットギフトでプレゼントしたり、受領することはできません。

◆解約手数料

契約月 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月 11ヶ月 12ヶ月
12000円 11000円 10000円 9000円 8000円 7000円 6000円 5000円 4000円 3000円 2000円 1000円 0円

解約手数料が1ヶ月毎に1000円ずつ減っていっていずれ0円になる計算です

nuro mobileのメリット

1ヶ月の予算を抑えながらも自分に合ったプランが充実しています。

それほどいつもスマホでネットを使っている訳ではないが、
待ち時間はゲームがしたいなんて人なら2Gプランでも十分だと思います。

通話料金も通常は20円/30秒ですが、無料で使えるnuroモバイルでんわを使えば
10円/30秒と半額にすることができます。

またデータ量が足りない場合は追加購入することが出来るだけでなく、
翌月分から前借することもできます。

これはありがたいですね。

nuro mobileのデメリット

データ無制限のプランが無いことからあまりパワーユーザには向かないと思います。

またデータ通信を低速モードに切り替えてデータ量を節約することができません。

基本的にはネットは使いたいときに使う、暇つぶしに使うくらいに考えている方に向いています。

総評

スマホをインターネットも使える電話機として使っている方にとっては、
nuro mobileは値段もリーズナブルで良いと思います。

スマホをパソコンの様に使う方にとってはU-mobileの様に、
比較的低料金で使い放題のプランがあるものにするか、
楽天モバイルのスーパーホーダイプランの様に
低速モードでも最大1Mbps出るものの方が満足できると思います。


★格安SIM関連の記事一覧はこちら

◆私の格安SIMランキング

Rank サービス名 コメント
暫定1位 楽天モバイル 格安料金、低速モードでも割と高速なインターネットが
完全無制限で使えて最強クラスの格安SIM
2位 U-mobile LTE通信無制限は画期的。データ量を気にせずいつでも爆速通信。
3位
4位

※2019年8月18日更新


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク