[OSPFの勉強-7] マルチアクセスNWの基本設定

基本的な設定の流れ

基本的な設定はほぼポイントツーポイントの設定と同じです。

I/Fにマルチアクセスネットワークのタイプを指定する場合は下記のコマンドになります。
(config-if)#ip ospf network broadcast

インタフェースがfastethernetの場合は何も指定しないとbroadastタイプになります。

設定画面デモ

※IPアドレスなどの基本設定は既に設定済み

上記の図の内容でOSPFの設定をしてみます。

・エリアはエリア0の1つ
・ルータIDはR1は1.1.1.1、R2は2.2.2.2、、、の形にする
・networkコマンドのワイルドカードマスクはサブネットマスクを反転したものを指定

◆R1の設定 (アニメーション付き)

R1のfa0/0のプライオリティを5にします。

◆R2の設定 (アニメーション付き)

R2のfa0/0のプライオリティは特に指定していないのでデフォルトの1になります。

◆R3の設定 (アニメーション付き)

R3のfa0/0のプライオリティを3にします。

◆R4の設定 (アニメーション付き)

R4のfa0/0のプライオリティは特に指定していないのでデフォルトの1になります。

最後に打ったshow ip ospf neighborコマンドの結果に注目してください。
マルチアクセスネットワークなのでDR/BDRが選ばれています。

但しプライオリティの値とDR/BDRの組み合わせがおかしいですね。

R1 – – – プライオリティ5 – – – DR
R2 – – – プライオリティ1 – – – BDR
R3 – – – プライオリティ3 – – – DROTHER
R4 – – – プライオリティ5 – – – DROTHER

前もやりましたね。

答えはOSPFを起動させた順番です。

R1とR2の設定が完了した時点で既にR1がDRに、R2がBDRになっています。

DR/BDRが選出されたあとにプライオリティの値が高いルータが参加したり、
途中からプライオリティの値を高くしても既存のDR/BDRには影響を与えません。

DR/BDRを明示的に指定するにはOSPFのプロセスを起動させる順番であったり、
I/FをUPさせる順番(接続させる順番)などに気をつけなければいけません。

<<<前へ「ポイントツーポイントの基本設定」
>>>次へ「show ip ospf neigbhorの見方」

みんなのCisco TOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする