[フィリピン旅行-2018]Bolinao(ボリナオ)ツアー2

はじめに

フィリピンで住む場合の1ヶ月の賃料は?

もちろん住む場所やグレードによって様々です。

では20代の女性の友達が住んでいるアパートと日本人が住んでいるマンションを例に挙げましょう。

・最安値
マニラのアパートと言うか一角を借りている友達は1ヶ月500ペソの所に住んでいます。

・風呂・トイレ共同。
・間取り畳1畳分ほど。
・電源タップ(口2個)の電気が使用可能。
・ドア1つ。
・敷居はベニヤ板を四方に付けただけ。
・同じ様な環境でまわりに10人くらいが同居。

はっきり言って仕事場に近くて安いという理由意外に住む理由が分からないレベルです。

男性でも厳しいと思います。

日本人ではこのクラスは避けるべきです。

・4000~6000ペソ
Pangasinan州のちょい田舎の場所。

平均すると6000ペソでまぁまぁ無難な部屋が借りられる感じです。

6000ペソ切ると若干平均レベルを下回り、7000ペソ以上で少し良さげな部屋になります。

広さで言うと日本の一人暮らしをするよりも広いと思います。

但しシャワーとトイレは同じスペースでお湯が出ない所が一般的です。

・20000ペソ
マカティという都心部の高層マンションのかなり良い部屋が、
15000~25000ペソの範囲で借りることができます。

間取り4LDKでマンションに体を動かすジムとプールがついていて、
入り口にはセキュリティガードがいます。

契約する期間が長いほど安く交渉することができ、数ヶ月の短い期間だと割高になります。

それでも金持ちになった気持ちになれるレベルのマンションに
約4~50000円程度で住む事ができます。

もしフィリピンの都心部に暮らすことになったら、高層マンションを借りることをお奨めします。

Bolinaoツアー続き

話は変わって引き続き自然豊かなBolinaoの話に戻ります。

高層ビルなどは皆無で、昔懐かしい感じの家が並んでいます。

便利さや豪華さ以上に贅沢な自然が無限に広がっているようです。

・とある風景

特別何かがある訳ではありませんが、トライシクルを止めて
しばらくボーっとしてしまった場所です。

すれ違う人、車もまばらでのどかです。

注意は必要ですが、Bolinaoは平和な街だと感じました。

・とある風景_2

傘の形に見える岩

海岸近くに傘の形に見える有名な岩があるということで見に行きました。

彼女も話には聞いていたが、実際に行くのは初めてとのことでした。

・傘に見える岩

※キノコ?

・たくさんあります。

いかがでしょうか?

実際は岩の下では暗闇の向こうに日が差している光を見ることができたりなかなか絶景でした。

あいにく当日はパジェントの撮影があったので、
あまり長時間写真を撮ることが出来ませんでした。

パジェントとはミス~のようなコンテストです。

フィリピンではこのパジェントが盛んで、
ミス~町のようなとても小さい単位でも行われおり美と知識を競い合っています。
※正直、特別美人でなくても参加している方は結構います。

・やっぱり海

フィリピンは海に始まり、海に終わります。

海のグレードを図る一つの指標は「砂の色」です。

ホワイトビーチと言われる場所は砂が白く、貝なども混じっていてとても綺麗です。

グレードが低い場所は公園の砂場の砂の様に茶色くなっています。

Patar Beachはホワイトビーチと言われていて、他の海との違いが歴然です。

Bolinaoに行くには止まる場所は交通の便について予め調べておく必要がありますが、
フィリピンの良さを知るには一度は訪れて欲しいと思う場所です。

みんなのフィリピン TOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする