[フィリピン旅行-2018(番外)]私がフィリピンに行った時に使用するホテル4選

はじめに

今回は番外編と言うことで私がフィリピンに行った時に普段宿泊するホテルをご紹介しますね。

必ずしもゴージャスで一番のお奨めとは限りませんが、フィリピンに行った事が無い方や現地の宿泊施設でどういう点に注意すればいいのかを参考にして頂ければと思います。

やはり日本のホテルとは異なる点もあります。

場所、値段、部屋、アコモデーション、安全面などを中心にお伝えしていきます。

Atrium Hotel(アトリウムホテル) [マニラ]

・場所
マニラ空港からタクシーで大体200~300ペソ位で行ける距離です。

時間にして20~30分位です。込み状況などによって変動することがあります。

マニラ近郊に用事がある方、フィリピンに着いたらまず荷物を置いてゆっくりしたい方にお奨めです。

・料金
1泊4500円程です。

私はアゴダを利用して予約をしています。
※アゴダのLinkはこちら

・部屋/アコモデーション
部屋は十分に広くて綺麗です。

タオル、歯ブラシ、石鹸、シャンプーとともにドライヤーもついていました。

意外と盲点ですが、フィリピンのホテルではドライヤーがついていない事が多いので注意です。

私はいつも持参しています。

前回は20階の部屋だったので景色は良かったです。

きちんと部屋の鍵をしていれば安全だと思います。

シャワーの水量も悪くなくきちんとお湯もでます。 ← これ凄く重要

・周辺施設
コンビにも近くにあり、電車の駅も直ぐ傍にあるので交通の便も良いと思います。

Jolibeeやちょっとした食事どころはありますが、きちんとしたレストランは近くになかったのである程度きちんとしたものを食べたければ、ホテルのレストランを使うといいでしょう。
※特別高くも安くも無いですが、現地の人からすると通常の食事としては高い部類に入ります。
料金とともにチップで100ペソ位つけておきましょう。

ちかくにPadis point(パディスポイント)がありました。
これはフィリピンの各地にあるクラブです。

クラブとしては低料金でお酒、食事とともにタイミングがあればライブを楽しむことが出来ます。

但しうるさいので中々声が聞こえなかったりするので会話がしたい人には不向きです。

・Padis Point

Fersal Hotel(ファーサルホテル)[ケソン]

・場所
マニラ空港からタクシーで40分~1時間位の場所にあります。

但し平日の夕方などのラッシュ時間帯だと2時間位かかることがあります。

空港から遠いのでケソンに用事がある人以外は不向きかなと思います。

・料金
1泊4000円程です。

アゴダのLinkはこちら

・部屋/アコモデーション
綺麗な部屋で部屋の広さも丁度いいと思います。

タオル、歯ブラシ、石鹸、シャンプーがありますが、ドライヤーはついていません。

確かフロントに言えば借りることが出来ましたが、タイミングによっては「貸し出し中」と言われたこともあるので持参した方が良いと思います。

雰囲気は日本のビジネスホテルの様な感じです。

・周辺施設
近くで有名なものと言えばケソンメモリアルサークルという広大な公園や、フィリピンで最高峰の大学であるフィリピン大学(ディリマン校)があります。

通称UP(University of Philippines)と言われています。

コンビニや、ショッピングセンター、ファストフード、レストランなどがあります。

私は泊まったときは毎回、タイマッサージの店に行きます。

メニューが色々あるので1時間(300ペソ)のBody massage(オイル無し)を選んでいます。

マッサージの後にお茶とともに封筒を渡されるので50ペソ位チップで入れておきます。

Bedbox Hotel(ベッドボックスホテル) [ダグパン]※旧Orchids Hotel(オーキッズホテル)

・場所
ダグパンにある安宿です。

長距離バスでDagupanのバス停に着いた後にトライシクルで5分程の場所です。

バスから降りた瞬間にトライシクルのドライバーが声をかけてきます。

現地の相場、距離からすると高めの50ペソ前後を要求してきます。

交渉してもいいですが、たかが100円ちょっとなのと早く休みたいので私は「高いな」と伝えながらも乗ることにしています。

ホテルまで歩けない距離では無いですが、現地の人からは歩かずにトライシクルを使う様に言われています。
※特に夜に大きな荷物を持って移動するのはお奨めしません。

ちなみに以前はOrchids Hotel(オーキッズホテル)という名前でしたが、
最近Bedbox Hotel(ベッドボックスホテル)と名前が変わりました。

前々回の時は内部工事をしていてリノベーションが完成したタイミングで名前を変えたみたいです。

私は毎年利用しているので従業員に覚えられていました。

セキュリティガードが愛嬌のある人で私も覚えています。

アゴダのLinkはこちら

・料金
1泊3000円程です。

1時間や短時間の休憩をすることも出来ます。

軽くシャワーを浴びて休憩する事が出来るのは便利です。

・部屋/アコモデーション
部屋に大きなベッドとテーブルがありシャワー、トイレがあるだけの部屋です。

狭いですが無難に寝て、シャワーを浴びれるので不満はありません。

きちんとお湯も出て水量も悪くありません。

タオル、石鹸、歯ブラシなどもありますが、ドライヤーは付属していません。

・周辺施設
ダグパンに用事があってとりあえず宿泊できればいいというのならいいでしょう。

JolibeeやInasalなどの定番のファストフードや定食屋(カンティーン)もあります。

必要な備品は近くにセブンイレブンで事足ります。

戸締りはしっかりしましょう。

クラブを楽しみたいならMusic Warehouse(ミュージックウェアハウス)もあります。
※現地の友達はPadis pointよりもMusic Warehouseの方が好きみたいです。

トライシクル、ジープニーなどを使えばモールにも行くことができます。

El Pescador Hotel(エルペスカドールホテル) [ボリナオ]

長距離バスから降りてトライシクルで行ける距離にあります。
※場所を知っている人ならやや遠いですが歩いていくこともできます。

逆に現地に車やトライシクルを持っている友人がいない場合は、
選択肢はここしか無いかなと思います。

Patar Beachにもリゾートやホテルがありますがとても遠いです。

現地のトライシクルを使って行くのは大変だと思います。

ホテルのLinkはこちら
※アゴダ経由で予約は出来ないので直接メールして予約を入れています。

・料金
一番安い部屋で1泊8000円前後です。

若干高めの料金です。

・部屋/アコモデーション
部屋は綺麗です。

タオル、石鹸、シャンプー、シャワーがついていていますがドライヤーはありません。

お湯は出ますが水量は低めで体をガシガシ洗ったり、体を温めるには不十分なので暑くないときはクーラーは切っておいた方がいいでしょう。

ホテルには付属のプールがあります。

・周辺施設
ホテルの直ぐ傍に綺麗な海があるので、そこでボーっとしているだけで身体が休まります。

移動手段があるなら是非Patar Beachやライトハウス(灯台)に行くことをお奨めします。

Patar Beachの記事はこちら

ライトハウスは以前日本が戦争の時に作ったものです。

フィリピンで有名なファストフードやモールなどはありません。

自然を楽しむ場所ですね。

最後に

やはり宿泊施設は旅において重要な要素だと思います。

上記4つを使った経験上で特に危険な目にあったことはありません。

旅に慣れている人は1泊500ペソなどの安宿を使っている人もいると思いますが、
まずは無難なレベルを選んだ方がいいと思います。

日本のホテルのようにわがままが通じる訳では無いので、あらかじめ必要なものは準備しておきましょう。

みんなのフィリピン TOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする