楽天モバイルのスーパーホーダイが低速モードでも無制限で動画が見れて助かった件

いやぁ~。

今年の夏も暑いですね。

夏は暑い。

暑は夏い。。

暑い日は自然と家で冷房をつけてこもってネット三昧になりがちです。

通常は1日に3Gを使い果たすことはあまり無いのですが、
ずっと動画を観たりしているとやっぱり行っちゃいますね。

まだ夕方だったのでこのタイミングで速度規制が入ると、
結構キツいものがあります。

でも私は楽天モバイルのスーパーホーダイを使っているので大丈夫。

何せ低速モードでも動画が楽しめてしかも速度無制限ですからね。

本当、助かりました。

私の所感を元に楽天モバイルのスーパーホーダイのメリット・デメリットをお伝えします。

仕様の部分と私の個人的な感想を交えてお話します。
あくまでここでは低速モードの通信について焦点をあてています。

低速モードでもyoutubeの動画が楽しめる

私の感想としてはほぼストレス無くyoutubeの動画を楽しむことが出来ています。

ページの遷移が遅い時や動画の読み込みで待つこともありますが、
サブとして使うには十分過ぎると思っています。

まぁ以前はこの記事でもご紹介した通りメイン回線として使っていた位ですからね。

低速モードでテザリングしてパソコンで見ても大丈夫

私はスマホでyoutubeを見るのは電車の中がメインで、
家ではパソコンを使ってみています。

これだけ見ると家にインターネット回線が無くても大丈夫なんじゃ無いかと思うくらいです。

・少なくともパソコンはたまにしか使わない。
・使うのは少しサイトを見てメールチェックだけ

こんな方で節約重視なら電話もインターネットも楽天モバイルだけで済ませてしまう。

これも選択肢になると思います。

楽天モバイルのスーパーホーダイはコスパ最強

私はスーパーホーダイのプランSを使っていて、
割引込みで大体1ヶ月2000円前後になります。
こちらで1年間の利用代金を公開しています。

電話も10分以内なら通話料金は無料です。

電話代も安く抑えられてインターネットのサブ(場合によってはメイン)に使えるのは安心です。

次はデメリットと言うか低速モードで動画を観るときに感じる不満や注意点になります。

12時~13時と18時~19時は最大で300Kbps

込み合う時間の昼12時と夕方18時から1時間の間は、
通信速度が最大で300Kbpsまでに制限されます。

他の格安SIMの場合は大体低速モードは最大で200Kbpsなので、
一概にデメリットでは無いですが明らかに通常時よりも遅くなります。

youtubeなどの動画はこの時間では避けた方がいいですね。

スマホのゲームも通信が多めのものはしばしばエラーします。

この2時間は多くは期待しない方がいい時間帯です。
※全く使えない訳ではありません。

通常時でも完全にストレスフリーでは無い

低速モードでもまぁまぁ動画を楽しめるという感想です。

でも長時間使っていると遅く感じたりストレスに感じる場面に遭遇します。

ある程度youtubeは楽しめますが、それ以上の品質のものは厳しいと思います。

大き目のファイルをダウンロードするときにエラーすることがある

Linuxのisoファイルなど大きいファイルのダウンロードをしようとすると、
途中でエラーで止まってしまうことがあります。

長時間かけてゆっくりでもいいからダウンロードしたい場合でも、
それすらできないことがあるので注意してください。

Windows Update(ウィンドウズアップデート)に関しては、
時間をかけてゆっくりダウンロードしても問題ありませんでした。

総評

個人的には楽天モバイルはサブ回線として使うには圧倒的にコスパが良いです。

引用:楽天
ちなみにここではスマホのメインとして使っているというアンケートでは、
圧倒的に1位になっていますね。


★格安SIM関連の記事一覧はこちら

◆私の格安SIMランキング

Rank サービス名 コメント
暫定1位 楽天モバイル 格安料金、低速モードでも割と高速なインターネットが
完全無制限で使えて最強クラスの格安SIM
2位 U-mobile LTE通信無制限は画期的。データ量を気にせずいつでも爆速通信。
3位
4位

※2019年8月18日更新


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク