[ゆるいFX]トランプ砲はSlackで常にチェック | トランプ大統領がtwitterに投稿したら仕事中も確認(笑)

※以前投稿した記事をリライトしたものになります。

Slackの良いところはメンバー内のコミュニケーションだけでなく、
第3者の行動(発信)をトリガーにアクションを受けることができることです。

代表なものの一つがtwitterになります。
twitterならtwitterで受ければいいじゃん、って思うかもしれません。

でも仕事中にtwitterの画面を開いているとサボってるって思われかねないですね。

Slackは仕事でも使っていることもあるし、アカウントの切り替えもサクッてできるのでバレずにチェックできます(笑)

また後述のトランプの投稿のみを通知有りにする事によって、
常にチェックしていなくても気づくことができます。

そこがSlackでtwitterの投稿を受けるメリットの一つです。

◆SlackにFX用のチャネルを作成する

チャネルとはフォルダの様なものです。
とりあえずFX関係の投稿は全てこのチャネルに表示されるようにします。

◆SlackにFX用のチャネルを作成する

◆Slackのtwitterをインストールする
・Slack用のtwitterのページにアクセスする。
・Install をクリックする。
・Twitter インテグレーションの追加をクリックする。
・Twitter で認証を行うには、Authorize appをクリックする。
※twitterにログインしていない人は予めログインしておいて下さい。
・Slack で追跡したい Twitter アカウントの @ユーザー名 を入力する。

Youtubeで配信しているFXトレーダーのAkiさんという方のtwitterです。
FX界隈では有名な方ですね。
丁寧な話し方で私は好きです。

◆投稿を受信したい人は複数登録可能

複数の人の投稿を受信することも可能です。
欲しい情報はどんどん登録しちゃいましょう。

同じ様に追加すれば大丈夫です。
ここでは爆損系FXトレーダー(youtuber)のJINさんです。

私言いましたよね!?のJINさんです。

◆Slackで投稿を受信できていることを確認

AkiさんやJINさんが投稿したらSlackで受信できることを確認します。

ここでは早速JINさんが登録した様です。

◆各国の要人のtwitterを登録しよう
トランプ大統領の発言は株・為替に大きな影響を与えますね。

トランプ大統領のtwitterのアカウントはこちらになります。

トランプ大統領の専用のチャンネルを作って、そのチャンネルを通知有りにしておけばトランプ砲が炸裂していないか都度チェックできます。

これで危険も回避できますね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク