どんなときもWiFiで3年目の月額費用が高くなるのが気になる?迷っている方は必見です。

現在、人気爆発中で知名度ナンバーワンのレンタルWiFiと言えば
どんなときもWiFiだと思います。

CMや広告にも力入れていますね。

通信完全無制限・マルチキャリア対応・海外対応

そして佐藤二朗さんのCM(笑)

まさに最強ですね。

但し気になるのが一点。
二年間使った後の25ヶ月目からは月額が高くなるんですよね~。

正確には割引額が減るんですけどユーザとしては値上げって感じてしまいます。

それが気になって今一つ決めきれない方もいると思います。

では料金体系について一度整理してみましょう。

どんなときもWiFiの料金体系を徹底解剖

支払い 月額 諸経費 1年間
(総額)
2年間
(総額)
3年目
(月額)
途中解約
(0~12ヶ月)
途中解約
(13~24ヶ月)
途中解約
(26ヶ月以降)
クレジットカード 3480円 3000円 44760円 86520円 3980円 19000円 14000円 9500円
口座振替 4180円 3000円 53160円 103320‬円 4610円 19000円 14000円 9500円

・口座振替は月額と口座振替手数料200円を足した金額を表示しています
・オプション料金などは含まない金額になっています

表の通りどんなときもWiFiではクレジットカードと口座振替の2種類の方法を選ぶことができます。

但し同じサービスでも金額に大きな差があります。
※もしクレジットカードが使えない方はSPACE WiFiの方が良いかもしれません。

二年間後の金額

契約して二年間が過ぎたらクレジットカード払いの場合は、月額が500円高くなりますね。

それでも通信完全無制限で月額3980円なら特別高くは無いと思います。

でもこの金額の上昇分を考慮したら他の方がいいかもって考えて、
決めきれない人もいると思います。

基本的にはどんなときもWiFiはヘビーユーザ向きだと思います。
節約派には他のWiFiの方が満足度が高いかもしれません。

契約は自動更新

どんなときもWiFiの契約は自動更新です。
そして解約する場合は更新月のみ費用がかかりません。

<解約手数料>
・0〜12ヶ月:19000円
・13〜24ヶ月:14000円
・25ヶ月目:0円
・26ヶ月〜:9500円

つまり更新月以外の解約は全て解約手数料がかかります。

そもそも二年後のときは

一言で言えば二年後の状況では何がベストか分からないと思います。

5Gが一般ユーザに開放されて普及するのは更に先になると思いますが、
その頃にはもっと良いサービスが出ているかもしれません。

また二年後にはレンタルルータのバッテリーもかなり弱っていると思います。

可能かは分かりませんが二年後に一度解約して、
再度新規で契約するというのも手かもしれません。
※同一名義の場合の再契約はどの様な扱いになるかは不明です。

またルータの返却の時の配送料はユーザ負担になります。

結論

二年より先のことは二年先に考えましょう(笑)。


◆私のおすすめWiFiトップ5 + @

Rank サービス名 コメント
1位 どんなときもWiFi 通信無制限が魅力。
もはやWiFi界隈では貫禄すら感じる存在。
2位 よくばりWiFi 月額3450円で通信無制限。
どんなときもWiFiの牙城を崩せるか?
3位 Mugen WiFi 通信無制限で驚愕の月額3280円から。
長期ユーザ向け
4位 NOZOMI WiFi 契約期間の長期縛りが無く、たくさん通信できる。
5位 SPACE WiFi 契約期間の縛りが無く、クレジット・銀行振り込み両方に対応
特別枠 Chat WiFi ルータを持っていてSimだけレンタルなら一番!

※2019年10月06日版
ランクの考え方についてはこの記事でまとめています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク