Mugen WiFiが月額3280円の最安級・データ無制限で登場

またしても超期待のレンタルWiFiが登場しました。

その名もMugen WiFiです。

まさに無限WiFiですね。

Mugen WiFiはデータ無制限です。

1日3GBとか3日で10GBとかの制限に我慢が出来ない人が増えているのでしょうね。

まだまだMugen WiFiは情報も少ないので、評判も自分が体験したものを大げさに書いてアピールしたものや、ネガティブな言葉で好奇心を引こうとするものはあまり気にしない方がいいと思います。

通信速度の速い遅いは場所や地形でかなり差は出るし、
運営の対応も内容は時期によっても違いますからね。

繁忙期はどんな企業でも遅延は起こりうるし、サービス開始当初は対応について不満も出やすいです。

どちらかと言うとある程度時間が経ってから改善されているか、
問題が出てきているか
の方が大事だと思います。

まずはサービスのスペックの確認からですね。

Mugen WiFiのデータ通信は無制限

既に上に書きましたがデータ通信量に制限はありません。

完全無制限です。

著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をすれば制限をする場合がありますと書いてありますが、通常の人がインターネットを楽しむ場合は気にする必要は無いと思います。

例え動画を1日中見ていても占有するレベルには程遠いですからね。

Mugen WiFiの月額料金は驚きの3280円~

データ無制限のWiFiとしては最安値クラスです。

どんなときもWiFiよりもSKURA WiFiよりもよくばりWiFiよりも安いです。

しかも安いのは最初だけで1年後、2年後に値上げするというものでは無いのがありがたいです。

ちなみにプランは2種類あります。

Mugen格安プランは月額3280円で一般的なみなさんにおすすめ。
端末は定番のU2Sです。

Mugenアドバンスプランは月額3880円で翻訳機能と充電機能がプラスされています。
端末はG4でU2Sよりもバッテリー容量は大きいですが、少し重いです。

LTE回線だから地下鉄やビル内でもサクサク使える

ネットって意外と会社の休憩時間だったり、電車の中で使うことも多いと思います。

そういう場所に限って繋がりが悪いとイライラしますね。

大手キャリアのメイン回線を使っているので障害物にも強く安心です。

海外でもそのまま使える

Mugen WiFiはルータを持っていくだけで、サービス対応国で使うことができます。

海外で設定変更が必要ない簡単仕様です。

また利用しない日の分は料金がかからないので、旅行中は最低限しか使わないって人は節約できていいですね。

海外用のレンタルWiFiを使う場合は郵送してもらうか、空港で受け取らなくてはいけないので忙しい旅の前だと結構面倒なので、自分のルータを持っていくだけでいいのは楽だと思います。

私は朝一番のフライトの前にイモトのWiFiを取りに行くので、フライトに遅れないようにいつも気を付けています。

Mugen WiFiの解約については気を付けて

Mugen WiFiは契約期間の縛りが2年間です。

そして解約手数料が高いので注意です。

1年未満で解約した場合は30000円。
1年~2年未満で解約した場合は25000円。
それ以降で更新月以外の解約は9500円払う必要があります。
更新月は25ヶ月目、49ヶ月目、73ヶ月目、、、になります。

また24ヶ月以内で解約した場合は端末を返却する必要があり、それ以上の契約は返却不要です。

あらかじめ長期間使うことを決めた上で選ぶのが良いと思います。

期待度無限大のMugen WiFi

サービスの良さは通信速度、安定性、料金体系の他に運営の対応などがあります。

WiFiサービスにトラブルはつきものです。

その時の運営の対応方法や姿勢はとても気になる所ですね。

まだまだ情報が少なく、サービスも始まったばかりなのでちょっとした情報で良い・悪いを決めつけずに自分の考えを持って選ぶ様にしましょう。


◆私のおすすめWiFiトップ5 + @

Rank サービス名 コメント
1位 どんなときもWiFi 通信無制限が魅力。
もはやWiFi界隈では貫禄すら感じる存在。
2位 よくばりWiFi 月額3450円で通信無制限。
どんなときもWiFiの牙城を崩せるか?
3位 Mugen WiFi 通信無制限で驚愕の月額3280円から。
長期ユーザ向け
4位 NOZOMI WiFi 契約期間の長期縛りが無く、たくさん通信できる。
5位 SPACE WiFi 契約期間の縛りが無く、クレジット・銀行振り込み両方に対応
特別枠 Chat WiFi ルータを持っていてSimだけレンタルなら一番!

※2019年10月06日版
ランクの考え方についてはこの記事でまとめています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク