[縛りなしWiFi] 1週間使ってみてメリット・デメリットを考えてみました


縛りなしWiFiを使って1週間が経ちました。

たった1週間ですが自分なりに中立の立場でメリット・デメリットについて書いてみます。

メリット・好意的に見たポイント

◆初期費用がゼロ
登録費とか何とか費はかかりません。端末の費用もかかりません。
オプションで保険やバッテリーのレンタルをしない限りは月額の固定費のみです。

◆そもそも安い月額費
月額の費用は3300円(税別)です。リーズナブルだと思います。
ポケットWifiでは大きなキャッシュバックを餌にすることが多いですが、
申請期間が短かったり忘れたりすることによって貰えない事が多いそうです。
それなら最初から安い縛りなしWiFiの方が使いやすいと思いました。
初めの月は途中からだったので日割り計算になります。

◆契約期間の縛りが無い
名前の通りです。
日本では契約期間の縛りについて問題になっていますが、
縛りなしWiFiは契約期間の縛りが無いサービスです。
正確に言うと解約をした翌月一杯まで契約が残るので、
最短だと契約した当月(日割り)+翌月の分だけ縛りがあります。
とは言えこんなのは問題にはならないと思います。

◆導入が早くて楽
縛りなしWiFiのホームページを見ると平日16時、土日祝13時までの注文なら
場所によっては翌日届くとあります。

私の場合は自分が受け取れる土曜日を指定しました。
実際は前日の夜には郵便受けに入っていました。
配送業者に合わせる必要が無くてとても便利です。
届いたWiFiルータのSSIDとパスワードを確認したら、
使用するパソコンやスマホに設定するだけで即利用できます。
私は基本的に家でのみ使用するのでルータは何も設定変更はしていません。
外で使う方は別途本体の操作時のパスワード設定などはしておいた方がいいでしょう。

◆サポートの返答が早くて丁寧
以前この記事を書いたときに少し紹介しましたが、サポートの対応は良かったと思います。

◆通信速度はとりあえず満足
これは縛りなしWiFiというか使用している通信キャリア(私はSoftBank)の問題ですが、
大体ダウンロードは40Mbps、アップロードは20Mbps程度出ているので
現状では不満はありません。

デメリット・マイナスに感じたポイント

◆クレードルのレンタルが無い
クレードルが無い場合は接続する全ての端末で無線が使える必要があります。
無線が使えないパソコンでネットを使う場合はリピーターを準備する必要があります。
まぁ必ずしもクレードルは必須では無いし毎月のお金がかかるのであれば、
あまり意味無いかもです。

その他

これも縛りなしWiFiというか通信業者の仕様だと思いますが、
今の所1日3Gの通信量を越えても制限がかかっていない状況です。
まぁいずれ制限はかかると思います。

追記
1日3GBを超えたら通信速度の制限がかかる様になりました。また2019年9月1日~契約した方は2GB/1日で速度制限がかかります。

NURO光や5Gの到来によってどれが良いかを考える時期は来るかなと思います。
固定回線のスピードや制限が全く無いというのは何よりも魅力です。
再度固定回線orポケットWiFiの選択は考える必要は出てくるでしょう。
縛りなしWiFiは数ヶ月の使用になるか、数年になるか全く未定という人には合っているなと思っています。

今回私が契約前に迷った点は下記です。
・有線(光ファイバー)にするか無線(縛りなしWiFi)にするか
⇒他のポケットWiFi、民泊WiFiの選択肢はありませんでした。

・WiMAX回線にするかSoftBank回線にするか
⇒私の地域は両方に対応しています。WiMAXにするつもりでしたが以前の記事で書いた通り選択するのを忘れました。。。

この2点のみでした。
私は現時点でとても満足しています。

キャッシュバックを使ってバンバン宣伝しているメジャーなところと比べて、
最初はマイナーイメージがあって不安もありましたが、
これからもっと有名になるかなと思っています。


◆私のおすすめWiFiトップ5 + @

Rank サービス名 コメント
1位 どんなときもWiFi 通信無制限が魅力。
もはやWiFi界隈では貫禄すら感じる存在。
2位 よくばりWiFi 月額3450円で通信無制限。
どんなときもWiFiの牙城を崩せるか?
3位 Mugen WiFi 通信無制限で驚愕の月額3280円から。
長期ユーザ向け
4位 NOZOMI WiFi 契約期間の長期縛りが無く、たくさん通信できる。
5位 SPACE WiFi 契約期間の縛りが無く、クレジット・銀行振り込み両方に対応
特別枠 Chat WiFi ルータを持っていてSimだけレンタルなら一番!

※2019年10月06日版
ランクの考え方についてはこの記事でまとめています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク