[CCNA超入門]Cisco機器にenableパスワードを設定する

Cisco機器にenableパスワードを設定する

◆enable passwordコマンドで設定する

R1#conf t
R1(config)#enable password cisco
R1(config)#end
R1#

◆sh runで確認
パスワードciscoの文字が平文字で表示

R1#sh run
~略~
!
enable password cisco
!
~略~

◆enable secretコマンドでパスワードを設定する
ここではenable passwordコマンドで設定した後に続けて設定を入れています。

R1#conf t
R1(config)#enable secret cisco
The enable secret you have chosen is the same as your enable 
password.
This is not recommended.  Re-enter the enable secret.

R1(config)#enable secret cisco2
R1(config)#end
R1#

◆sh runで確認
enable secretで設定したパスワードcisco2は暗号化されています。

R1#sh run
~略~
!
enable secret 5 $1$Aab3$JOnKY/eI02eK4U61yDX1M/
enable password cisco
!
~略~

◆パスワードciscoを入力
enable passwordで設定したパスワードciscoを入力しても特権モードへ移行できない

R1>en
Password:
Password:

◆パスワードcisco2を入力
enable secretで設定したパスワードcisco2を入力すると特権モードへ移行できる

Password:
R1#

◆enableパスワードが設定されていない装置にtelnetする
telnetログイン後に特権モードへ移行することができない

R1#telnet 192.168.1.2
Trying 192.168.1.2 ... Open

R2>enable
% No password set
R2>

<<解説>>

・enable passwordでパスワードを設定するとコンフィグには平文で表示される
・enable secretでパスワードを設定するとコンフィグには暗号化された形で表示される
・両方を設定するとenable secretで設定したパスワードが優先される
・telnetログイン先の装置にenableパスワードが設定されていないと、
特権モードへ移行することができない

現場でもenableパスワードが設定されていないことはありえません。

またCiscoの勉強で装置の設定をする場合はtelnetで装置間を移動した方が楽です。
enableパスワードを設定しましょう。

enable passwordを実際の現場で使うことはありません。
enable passwordとenable secretのコマンドの違いだけ理解しておきましょう。

またtelnetログイン先の装置にenableパスワードを設定しておかないと、
telnetログインができても特権モードに移行できません。

パスワード無しで移行できる訳では無い事を知っておきましょう。

みんなのCisco TOPページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク