エボニー 王の帰還を無課金でプレーしている人の感想

EVONYやってます

EVONY – The King’s Return (エボニー 王の帰還)というゲームをやっています。

個人的にはかなりハマっている状況で、暇さえあればスマホをいじってます。

Google Playのコメント欄には色々な事が書かれていますが、
実際プレーしている私はどう思っているのか?

どの様に楽しんでいるのか?

ここでは簡単に私目線で書いていこうと思います。

私自身は完全無課金でそれほど強くは無く、知らない事も多々あるので間違っている事もあるかもしれませんが、その部分はご容赦下さい。

エボニーってどんなゲーム?

広告にある通り登場人物を宝箱のある所まで導いていくパズルゲーム、、、、、
では無く育成趣味レーションゲームです。

私も最初はパズルゲームでもやってみようかなと思ってエボニーを始めました。

パズルをするにはある程度お城のレベルを上げるという育成が必要です。

パズルのためにお城や施設を強くしたり、モンスターや実際の戦争をしなくてはいけないのかな~と思っていたら、実はパズルは完全にオマケでした。

しかも今では完全にパズルの更新が止まっています。

まずここが最も多いクレームの一つです。。。

但し私個人としてはこの育成してモンスターや敵を倒すという、やりこみ要素にハマっています。

もはやパズル目的で始めた事すら忘れてしまった位です。

エボニーって課金ゲーム?

ある意味Yesです。

但し私自身は数か月間このゲームを続けていて、完全無課金で楽しんでいます。

もちろん無課金で直ぐに強くなれる訳では無いので、楽しみ方はある程度限定されます。

強いプレーヤーはまさしく圧倒的に強いです。

戦ったら100%負けます。

なので無課金の人は成長過程や同盟/仲間と協力してプレーする事を楽しめる人だと思います。

エボニーで戦うべき相手(敵)は?

まずはモンスターです。

モンスターを倒して経験や宝、アイテムなどを手に入れる事ができます。

序盤~中盤にかけてはどのレベルのモンスターを倒せるかである程度自分の強さを図る事が出来ます。

同盟に入っている人は自分が所属している同盟以外の人は全て敵になります。

同盟に入っていない人はマップ上の全ての人が敵になります。

実際は同盟間で友好関係を結んでいたり、友達になっている場合は攻撃をしない場合も多くあります。

またサーバー戦争というサーバー間の戦いや、ガウガメラやコンスタンチノープルの戦いといった場合の相手も敵になります。

特にサーバー戦争に勝つというのがこのゲームの一番の目的と言えるでしょう。

サーバー戦争とは?

例えば自分がサーバー100でプレーをしている場合は、サーバー100以外のサーバーと戦う事になります。

この時は同じサーバー内のプレーヤーは仲間なので共に戦う事になります。

一般的には強いプレーヤーやいつもワールドチャットで発言している人たちが、ああしろこうしろと言ってくる事が多いです。

この辺が人によっては楽しく感じたり、面倒に感じたりすると思います。

弱くても最低限のルールが分かっていれば特に問題ありませんが、停戦協定(shield)を使わずに何度も相手サーバから攻撃を受けて失点を続けると文句を言われる事があります。

エボニーって一人で淡々と続けられる?

個人的にはよっぽど条件が揃わないと難しいと思います。

ひたすら城を焼かれ続けても気にしないというのなら別ですが。。。

同盟に所属すると様々な恩恵が貰えますが、それらが一切受けられなくなります。

また同盟に所属していない場合は、そのサーバー(つまりサーバー戦争)に対して非協力と見られて攻撃対象になる事があります。

ゲームの仕様上はいつどの様なタイミングで誰が誰に(同盟内の人を覗いて)対しても攻撃をする事ができます。

但し多くの王様は「キルイベントの時のみでレベル差が~以内の場合で、資源採集をしている相手には攻撃は不可」
など色々な制約を付ける事があります。

これらの制約は同盟に所属していない人に対しては対象外とされる事があり、いつ何時でも攻撃を受ける可能性があります。

(重)課金ユーザーならソロも可能だと思いますが、一般的には難しいと思います。

全てはそのサーバーの王次第になります。

エボニーの楽しさは?

個人的には課金をしないで育成するやりこみ要素にハマっています。

少しずつ強くなってレベルが高いボスモンスターを倒せるようになったり、サーバー戦争で敵を倒したり罠にはめたりしてうまくいった時は快感です。

また同盟の仲間との連携プレーや、戦い以外の何気ない会話まで楽しめる要素は多いと思います。

とりあえず簡単にEVONYの感想を書いてみました。


エボニー王の帰還 TOPへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク