AWSで無料利用枠を超えたらメールで通知が来るように設定を行う

AWSの利用料の閾値を超えたら通知が来るように設定する

自分では無料枠内で利用しているつもりでも、気が付いたら枠を超えている場合があります。

あるものは無料期間を過ぎていたり、あるものは無料で使える量を超えていたり。

そういった不注意から余計な支払いが発生しないように通知設定を行いましょう。

・自分のアカウントをクリック

・展開された請求ダッシュボードをクリック

・左側のメニューから設定をクリック

・必要な項目にチェックを入れる

特に無料利用枠の使用のアラートの受信の部分にはチェックを入れましょう。
Eメールアドレスの枠をブランクにしておくと、AWSのアカウントを作った時のアドレスに通知されます。
無料利用枠を超えたら直ぐに通知が欲しい人は、直ぐにチェックできるアドレスを登録することをオススメします。

注意して欲しいこと

この設定はうっかり無料利用枠を超えた場合に気づく手段としてとても有効です。
ただし不運にもアカウントの不正ログインを許してしまった場合は、大抵の場合はオフにされてしまいます。
必ず2段階認証を有効にし、不要な情報は公開しないなどの運用をする必要があります。

AWSお奨めテキスト


AWS初心者、未経験者など何から始めたらいいか分からない人にお奨めです。
私も一番初めにこのテキストから始めました。


書泉BTのPC資格書の人気No.1(2019年4月21日~27日)
(twitterより)


書泉BTのPC資格書の人気No.2(2019年4月21日~27日)
(twitterより)


書泉BTのPC資格書の人気No.3(2019年4月21日~27日)
(twitterより)

みんなのAWS TOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする