[フィリピン-1] タガログ語の勉強はじめます

はじめに

私にはフィリピン人の彼女がいます。

普段は英語を使いますが、たまに日本語やタガログ語を混ぜて会話をします。

英語でも基本的に意思疎通は問題ありません。

でも本当に気持ちを通じ合わせたり、分かり合ったりするにはお互いの母国語を理解することは不可欠だと思います。

ではタガログ語を勉強する目的は大きく分けて次の2つの理由があります。


(1) 彼女との理解(愛)を深める
(2) 彼女の家族とのコミュニケーションをとる

フィリピン人とうまく付き合いたければ家族とも良好な関係を築くことが不可欠です。
※これは日本人同士でも同じですが、相手がフィリピン人の場合は更に意識する必要があります。

一般的にはフィリピン人は英語を話せることで知られています。
日本よりも幼い頃から英語の勉強を始めており、学校の授業も英語のみで行うクラスもあります。
公用語も英語です。

だからと言って全てのフィリピン人が英語を流暢に話せる訳ではありません。
教育をうけることができない人たちも沢山います。

またフィリピンでは沢山の言語(方言)が使われています。

ある町の言語はとなりの町では理解できない、何てこともあります。

つまりフィリピン人と交流したいのであれば、英語そしてタガログ語の学習が必要です。

ちなみにタイトルに「タガログ語の勉強はじめます」って書きましたが、今まで何度も勉強しては気が付いたら止めてました。

正確には「タガログ語の勉強をまたはじめます」です。

まず挨拶から

おはよう
Good morning.
Magandang umaga. (マガンン ウーガ)

こんにちは
Good afternoon.
Magandang hapon. (マガンーポン)

こんばんは
Good evening.
Magandang gabi. (マガンン ガ)

元気?
How are you?
Kumusta ka? (クスタ カ)

元気だよ。※上記の質問に対する返答
I’m fine.
Mabuti naman. (マーティ ナマン)

そっちはどう? ※聞かれたら、聞き返すのが礼儀 (英語でも中国語でも同じ)
And you?
Ikaw? (イウ)

今日のまとめ

上記の会話は彼女の家族とあった時に必ず交わす会話です。

どのテキストにも最初の方にのっている文章ですが、いつでもどこでも使います。

タガログ語のいい所(?)はローマ字読みでもほぼ通じる所です。

日本語読みのマガンダン ガビ(こんばんは)でも通じますが、太字の部分を強くするとネイティブっぽくなりベターです。

但し本来は目上の人との会話には丁寧にpo(ポ)をつけます。

また複数形(ka ⇒ kayo)を使用することによって敬意を表します。

日本語の様に敬語・謙譲語などはありません。

形を覚えてしまえば使い分けは難しくありません。

外国人がタガログ語を話せればそれだけで、フィリピン人はWelcomeな気持ちになります。

但し相手の家族に受け入れてもらうのであれば、必ずこの言葉の使いまわしのマスターは必須です。

どこの家族でも義理の息子に「元気?」なんてタメ語で話しかけられたら気分を悪くしますよね?

ちなみに小さな子供に対して「po」をつけるのはおかしいのでやめましょうw

みんなのフィリピン TOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする