[CCNA超入門]同一サブネット内のルータ間でPingが通るようにする

同一サブネット内のルータ間でPingを打つ


R1とR2間でpingが通るように設定してみましょう。

◆R1の設定

R1#conf t
R1(config)#interface fa0/0
R1(config-if)#ip add 192.168.1.1 255.255.255.0
R1(config-if)#no shut
R1(config-if)#end
R1#

◆R2の設定

R2#conf t
R2(config)#interface fa0/0
R2(config-if)#ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
R2(config-if)#no shutdown
R2(config-if)#end
R2#

◆R1からR2へpingを打つ

R1#ping 192.168.1.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.2, timeout is 2 seconds:
.!!!!
Success rate is 80 percent (4/5), round-trip min/avg/max = 36/56/84 
ms
R1#
R1#ping 192.168.1.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.2, timeout is 2 
seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 
64/68/80 ms
R1#

※初回の1発目のpingは欠けることがあります。

<<解説>>

・R1とR2が接続しているインタフェースに同じサブネット内のIPアドレスを割り当てる
・R1とR2で使用するインタフェースをno shutdownコマンドでupさせる

とても基本的なことですがCisco機器の設定に慣れていない人は、
no shutコマンドを入れるのを忘れることがあります。

ルーティングの設定など一気に進んでしまいがちですが、
一つずつ丁寧に設定していきましょう。

但し実際に稼動しているネットワークの場合は状況が異なることがあります。

お客様の通信が乗っている機器でいきなりインタフェースを開放してしまうと、
中途半端な設定の状況でトラフィックが流れ込んでしまい、
通信断を引き起こすことがあります。

no shutコマンドは言わばゴーサインを出すのと同じなので、
職場で使うときは注意が必要なことを知っておきましょう。

みんなのCisco TOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする